多治見市の建築工務店 亀津建築は本物の木の家をつくっています

contents

亀津の家づくりConcept

国産材での家づくり

亀津建築について

亀津建築は大手の工務店やハウスメーカのようにシステム化されていない分、昔ながらの気心知れた職人たちが、一棟一棟ていねいに作り上げていきます。営業マンや各種専任担当者がいるわけではなく、直接、現場の棟梁と打合せができるので、細かい部分まで自分の目で確かめる事ができます。
完成した住宅では見ることのできない隠れた部分も、堂々とお見せできる家づくりで、確かな品質をお約束します。

全て国産材を使用しています

亀津建築では全て国産材を使います。
どこでどのように育てられてきたのか、そして防カビ・防腐剤の使用の有無を確認できる、トーレサビリティの明らかな木材を使用し、住む方の健康と安全性を確保しています。
また、地元岐阜県産の檜や長良杉を使用する事で、山の再生、地産地消、省エネにつながります。
新建材や合板を一切使わず、自然素材のみでつくることで、目に見える部分だけでなく肌で感じる空気から居住性を良くしていきます。

本物の「木の家」をつくっています

木材が複層に接着されている合板の多くには合成樹脂系接着剤が使われていますが、これには発がん性物質でホルムアルデヒドなどの有害化学物質が含まれています。また合板を構成する複数の各木材の産地が不明で、仕上げに塗料を使用したか、防カビ・防虫のために化学薬品を使っているかも分かりません。
亀津建築では国産材、とりわけ地域の木材を使った「無垢の木の家」をつくり続けています。
本屋普請の技術をたくさん取り込み、岐阜県産材の目の詰まった桧で骨組みをつくります。小舞下地を組み、土をつける土壁は家全体を蓄熱し、夏は涼しく冬は暖かく、また壁自体が呼吸し調湿するので家の中の空気が違います。

安心して呼吸できる本物の木の家は、住む人の事を真剣に考える事でできあがるものだと思います。

亀津建築は(財)住宅保証機構の住宅瑕疵担保責任保険 まもりすまい保険及び住宅完成保証制度(2種)の登録業者です。安心した住まいづくりをご提供する事ができます。